メイン画像

例祭 阿岐祭例祭 阿岐祭

安芸国の建国を言祝ぐ当社の例祭「阿岐祭」は、10月12日に斎行されます。

阿岐祭は当社でもっとも大切なお祭りです。この日の前後には、氏子や崇敬者による神輿の渡御や広島県の内外に伝わる神楽の奉納が行われます。

阿岐祭(例祭)  10月12日(土) 10:00~ 社殿
当社で1年に1度行われるもっとも重要な祭祀が、阿岐祭です。
太古の昔、安芸国を開かれたご祭神に感謝し、安芸建国を祝うとともに、皇室の弥栄、国家の隆昌、そして地域の安泰と繁栄をお祈りします。

⇒詳しく見る

桃祓祭  10月12日(土) 18:00~ 社殿
桃祓祭は、厄除神事のひとつ。神楽奉納の夜、ご神前で神事舞(剣舞)が舞われ、桃の木で天�地(あめつち)を祓い清めます。桃の木には古代より魔を祓う力があるとされ、神と自然の力を借りて、清らかな真の姿に立ち返ります。
神様のお力が最も強くなる例祭です。速谷神社では桃祓祭にあわせて、社殿にて厄除の特別祈願をお受けしています。

奉納神楽  10月12日(土) 19:00~ 神楽殿
広島県は神楽がたいへん盛んです。そして祭りに欠かせない神楽は古くから各地の神社に奉納されてきました。今年は300年の歴史を有する神職神楽を継承した島根県無形民俗文化財の有福神楽保持者会による神楽が奉納されます。
島根県を代表する神楽社中の舞をお楽しみください。
・演目
「尊神(そんじん)」
「道返し(ちがえし)」
「日本武尊(やまとたけるのみこと)」
「人倫(じんりん)」
「四剣(しけん)」
「恵比須(えびす)」
「大江山(おおえやま)」
「八岐大蛇(やまたのおろち)」

神輿神幸  10月13日(日) 8:30~ 境内とその周辺
神輿はご祭神さまが一時的に鎮まる輿で、この輿を担ぐことでご神徳を敬い奉ります。神輿は神事のあと、境内やその周辺を練り歩きます。また神輿の神幸に続いて、地域の子ども会が「子ども神輿」を奉納します。

奉納茶会  10月13日(日) 9:00~ 斎館
表千家長生庵行分・故齋藤宗眞氏のお弟子さん達による茶会が催され、お茶が振舞われます。


神輿の担ぎ手を募集― 神輿の担ぎ手を募集 ―

神輿渡御にあたり神輿の担ぎ手を募集しています。希望される方は社務所までご連絡ください。

電話: 0829-38-0822

神輿写真1 神輿写真2 神輿写真3
神楽写真1 神楽写真2 神楽写真3
ページトップへ